⑱19年2月流通実績
平成19年3月9日
り ん ご 果 樹 課
18年産りんごの販売価格(19年2月)について
1 産地価格
19年2月の産地価格は、1kg当たり147円で、前年対比107%、前3か年平均対比100
%となった。また、累計では1㎏当たり171円で、前年対比103%、前3か年平均対比99%
となった。
前月より価格を下げているが、王林の価格が1kg当たり198円で、前年対比215%、前3か
年平均対比151%と引き続き高値基調で推移するなど、りんご全体の価格は前年同月に比べ上回
る結果となった。
(単位:円/kg、%)
区  分 9 月 10月 11月 12月 1月 2月 累 計
18年産 159 153 191 160 150 147 171
17年産 169 165 176 150 134 138 166
対  比 94 93 109 111 112 107 103
前3か年平均 162 182 170 164 148 147 173
対  比 98 84 112 101 101 100 99
(注)産地5市場及び県りんご商協連加入の主要組合員の平均(加重平均)
2 消費地市場価格
19年2月の消費地市場の平均価格は、1kg当たり259円で、前年対比109%、前3か年平
均対比100%となった。また、累計では1㎏当たり267円で、前年対比110%、前3か年平
均対比101%となった。
量販店の決算期を迎え、取引価格が抑制傾向にあり前月より価格を下げているものの、みかん等
の競合果実の出荷量やグレープフルーツ等の輸入果実量が少ないことなど、りんごの販売環境が良
好であったことなどから、りんご全体の価格は前年同月に比べ上回る結果となった。
  今後もりんごの販売環境は良好との見通しにあることから、品質管理を徹底し、無袋ふじから有
袋ふじへのスムーズな切り替えなど、良品ものの計画出荷を図ることが必要である。
(単位:円/kg、%)
区  分 9 月 10月 11月 12月 1月 2月 累 計
18年産 263 250 259 292 276 259 267
17年産 261 235 239 257 238 237 242
対  比 101 106 108 114 116 109 110
前3か年平均 258 263 256 287 266 259 265
対  比 102 95 101 102 104 100 101
(注)価格は主要5市場平均(加重平均)