⑲11月流通実績
平成19年12月12日
り ん ご 果 樹 課
19年産りんごの販売価格(11月)について
1 産地価格
11月のりんごの産地価格は、1kg当たり199円で、前年対比104%、前3か年平均
対比106%となった。また、累計では1㎏当たり191円で、前年対比110%、前3か
年平均比105%となった。
この要因としては、主力品種であるふじの入荷が本格的となり、食味、品質ともに良好で
あること、ジョナゴールドや王林の上場数量が予想より少なく品薄感が広がったこと、台湾
向け輸出が好調なことなどから堅調な価格で推移したとみられる。
なお、9月、10月の価格については、一部のデータに誤りがあったため、今回訂正して
います。
(単位:円/kg、%)
区  分 9 月 10月 11月 累 計
19年産 145 193 199 191
18年産 159 153 191 174
対  比 91 126 104 110
前3か年平均 166 177 187 182
対  比 87 109 106 105
(注)産地5市場及び県りんご商協連加入の主要組合員の平均(加重平均)
2 消費地市場価格
11月の県外5消費地市場の平均価格は、1kg当たり279円で、前年対比108%、前3
か年平均対比104%となった。また、累計では1㎏当たり267円で、前年対比104%、
前3か年平均対比101%となった。
この要因としては、競合果実であるみかんとかきが着色遅れなどによる入荷の遅れや、本県
産りんごの食味、品質が良好であることから安定した商材として引き合いが強まり堅調な価格
で推移したとみられる。
12月は贈答需要が見込まれることから、品質管理を徹底し、良品ものの計画出荷を図る
必要がある。
(単位:円/kg、%)
区  分 9 月 10月 11月 累 計
19年産 254 268 279 267
18年産 263 250 259 256
対  比 97 107 108 104
前3か年平均 266 263 267 264
対  比 95 102 104 101
(注)価格は主要5市場平均(加重平均)