13年1月月報
3.主要業種の生産動向
季節調整済指数 原 指 数
業   種 ウェイト 当 月 1月前月比 12月前月比 当 月 前年同月比
(一万分比) 指 数 (%) (%) 指 数 (%)
鉱工業 10000 85.4 -6.5 -0.7 76.7 -6.6
食料品工業 2761.3 90.1 -2.7 -4.6 74.5 -4.6
電気機械工業 1930.5 71.8 -9.5 -9 66.8 -13.4
繊維工業 763.9 58.2 -7 -2 55.2 -18.2
パルプ・紙・紙加工品工業 746.7 121.6 -2.2 -1 118.8 2.9
窯業・土石製品工業 683.2 91.7 -4.8 -2.3 68.6 7.9
鉄鋼業 571.8 50.1 -3.8 -5.8 47.8 -3.8
4.特殊分類別の動向
   最終需要財は、季節調整済指数が 82.4で前月比 1.6%の低下、原指数が 69.9で前年同月
比 4.9%の低下となった。
   生産財は、季節調整済指数が 89.6で前月比 11.3%の低下、原指数が 86.7で前年同月比
8.4%の低下となった。
   前月と比べて最も上昇したのは資本財(最終需要財)で、最も低下したの耐久消費財(最終
 需要財)であった。