データカタログ

HOMEデータカタログ特定サービス産業実態調査

特定サービス産業実態調査

いいね! 0

調査の目的:我が国サービス産業の活動の実態と事業経営の現状を明らかにし、サービス産業に関する施策の基礎資料を得る

調査開始年:1973年

結果の概要: 本調査は、経済産業省所管のサービス産業のうち、平成11年まで毎年調査業種と、一定の周期をもって調査するローテーション業種(全体で9~10業種)の組合せで調査を実施してきましたが、平成12年調査より、対事業所サービス業をビジネス支援産業として1年目に、対個人サービス業を娯楽関連産業と教養・生活関連産業に分割し、それぞれ2年目、3年目に調査を行う3年周期調査となりました。

 ただし、ビジネス支援産業のうち、物品賃貸業については、購入からリース中心へ変わりつつある設備投資の構造分析などに資するため、また、情報サービス業については、IT(情報)化の急速な進展に伴い、構造変化が著しいことから、これら2業種については毎年調査を行うこととしています。

リンク先:経済産業省 特定サービス産業実態調査

アドレス:http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabizi/index.html

リソース

リソース

調査周期
毎年
調査系統
国-県-調査対象
調査対象の選定方法
標本調査(有意抽出)
No
0000001388
API
44f71f98-dcbd-49bf-9f24-20e0f2cf3cf5
データ作成者
青森県 企画政策部 統計分析課 経済統計グループ
合計ダウンロード数
0回
作成日時
2019-03-04
更新日時
2019-03-04

関連アプリ

関連アプリ

関連アイデア

関連アイデア