15年7月月報
3.主要業種の生産動向
季節調整済指数 原 指 数
業   種 ウェイト 当 月 7月前月比 6月前月比 当 月 前年同月比
(一万分比) 指 数 (%) (%) 指 数 (%)
鉱工業 10000 88.7 11.152882205513793 -6.993006993006993 92.6 4.751131221719444
食料品工業 2653.5 100.4 9.606986899563331 -5.4695562435500635 103.4 4.233870967741938
電子部品・デバイス工業 1213.6 65.1 -9.078212290502794 2.4320457796852484 68.1 -11.673151750972764
パルプ・紙・紙加工品工業 852.3 102 -1.8286814244465888 1.5640273704789918 107.6 -0.829493087557609
一般機械工業 615.2 68.4 3.636363636363645 -16.666666666666668 70.8 24.428822495606326
窯業・土石製品工業 592.5 74.6 2.3319615912208347 -12.589928057553957 83.6 -5.107832009080591
鉄鋼業 539.9 102.5 0.09765624999999445 1.6881827209533296 99.6 1.5290519877675843
4.特殊分類別の動向
   最終需要財は、季節調整済指数が 86.5で前月比 15.5%の上昇、原指数が 88.4で前年同
月比 2.4%の上昇となった。
   生産財は、季節調整済指数が 92.4で前月比 6.9%の上昇、原指数が 97.7で前年同月比
7.5%の上昇となった。
   前月と比べて最も上昇したのは資本財(最終需要財)であり、低下したのはその他用生産
 財(生産財)のみであった。